MINI車検 MINI修理専門店・マリオットマーキーズ
電話でのお問い合せはこちら
MINI車検 修理 車検・修理フォームはこちら

ミニ車検 ミニ修理 BMW MINI 輸入車専門工場 |

マリオットマーキーズ MINIメンテナンス
匠の技
ボッシュ
image

BMW・MINI R56 クーパーS エンジンオイル漏れ修理

整備ブログ記事をご覧いただきありがとうございます。
本日はBMW・MINI R56 クーパーSで駐車場にオイルのシミが有るとのご依頼です。

今回のR56 クーパーSにはN14エンジンが搭載されておりターボチャージャー付きのエンジンになります。

よくオイルが漏れてしまう箇所はいくつかありますが、まずはエンジンルームから見ていきます。

まずボンネットを開けると目の前にミニのエンブレムが装飾されているヘッドカバーが有ります。
ヘッドカバーはタペットカバーと言われる場合もありますがここではヘッドカバーという名称で紹介させて頂きます。

ヘッドカバー周りにオイルが付着しており、イグニッションコイル付近のボルトホールにもエンジンオイルが溜まっています。
N14エンジンに限らずミニのヘッドカバーはよく漏れると言っても過言では無いくらいオイル漏れがおきます。

今回お客様からご依頼頂いた内容だとヘッドカバーのオイル漏れはそこまで酷い印象は有りませんでしたのでリフトアップし下回りを点検していきます。
下から覗くとかなりのオイルが漏れている部分が有りました。

ご依頼に対する主なオイル漏れはエンジンオイルフィルターハウジングからのオイル漏れでした。
(※このエンジンオイルフィルターハウジングも別名が有りエンジンオイルフィルターブラケットとも言われる場合があります。)

お客様にご説明させて頂き、ヘッドカバーガスケット、エンジンオイルフィルターハウジングガスケット、フィルターハウジングに付いているクーラーガスケットを交換させて頂きました。
ヘッドカバーはイグニッションコイルやエンジンハーネス等を外して作業をしていきます。
ヘッドカバーガスケットを交換し元に戻していきます。

次にエンジンオイルフィルターハウジングガスケットの交換です。
このエンジンオイルフィルターハウジングはエンジンの前側に有り、マフラーやキャタライザー等を外さなければ作業できないのでフロント周りを分解して作業していきます。
フロントバンパーキャリアを外さずに作業する事も可能ですが、オイル漏れ部分の清掃等もしっかり行いたいので外して作業します。
この辺の作業は慣れていますのでどんどん分解していきます。

エンジンを正面にし少し右寄りの部分がエンジンオイルフィルターハウジングになります。
エンジンオイルフィルターハウジングガスケット、クーラーガスケット、オイルフィルター等を交換して元に戻していきます。

前周りを分解した際に冷却水、エアコンガスも抜きますので共にエア抜きを行い冷却水充填、エアコンガス充填を行います。
最後にロードテストを行いオイル漏れ、冷却水漏れ、排気漏れ等各部漏れがない事を確認し作業完了です。

今回のようにエンジン辺りからのオイルのシミの様なものが駐車場にある場合、
何かが垂れた跡が有るというような事が御座いましたらまずはご相談して頂ければと思います。

カテゴリー一覧

BMWミニ BMWミニ一般修理 BMWミニオイル漏れ修理
BMW MINI(ミニ) MINI一般修理 MINIオイル漏れ修理
BMWミニ異音修理 BMWミニ車検 BMWミニ板金修理
MINI 異音修理 MINI 車検 MINI 板金修理
車検入庫フォーム

板金メールフォーム

キャンペーンバナー