MINI車検 MINI修理専門店・マリオットマーキーズ
電話でのお問い合せはこちら
MINI車検 修理 車検・修理フォームはこちら

MINI(ミニ)車検 修理 板金 |

マリオットマーキーズ MINIメンテナンス
匠の技
ボッシュ
image
  • MINI クーパーS R56 オイル漏れ ボンネットから煙が出る
  • MINI クーパーS R56 オイル漏れ ボンネットから煙が出る
  • MINI クーパーS R56 オイル漏れ ボンネットから煙が出る
  • MINI クーパーS R56 オイル漏れ ボンネットから煙が出る
MINI クーパーS R56 オイル漏れ ボンネットから煙が出る
駐車場にオイル滲みがあるとの事で入庫いただきました。さっそく点検しようとすると駐車場から移動するだけでオイルが垂れてくる状態です。
リフトアップ後、エンジン廻りをチェックすると、エンジンオイル漏れだけでなくパワステも漏れている状態でした。
洗浄後、エンジンの漏れは、オイルパンとヘッドカバー、フィルターブラケットの3か所から漏れが確認できました。
パワステからはポンプと各部ホースからも・・・。
R56型のMINIではよくある事例ですので、異音や匂いなど、何か異変を感じたら早めの点検をお勧めします。
  • クーパーS 冷却水が減る修理
  • クーパーS 冷却水が減る修理
  • クーパーS 冷却水が減る修理
エンジンの冷却水が減るという事でご入庫頂きました。
エンジンの冷却水が足しても足しても減ってしまうという事でご入庫頂いたR56のクーパーSです。
MINI等の欧州車は密閉式の冷却装置となっている為、冷却水が減るという事は冷却水漏れがあるか、エンジン内部で漏れ出し蒸発してしまっているかのどちらかが多いです。

点検を行う為、リフトアップし加圧テストを行うとウォーターポンプ及びサーモスタットのハウジングから冷却水漏れを確認しました。
この状態では、徐々に冷却水量が減少し、オーバーヒートの危険性が高くなってしまいます。
整備作業では、ウォーターポンプとサーモハウジングを繋いでいるパイプがインレットマニホールドの下を通っている為、インレットマニホールド本体を外しての作業となります。
ウォーターポンプは、元々取り付けられていた部品は樹脂で出来ていましたが、今回交換した部品はアルミ製になっており耐久性が向上されています。
交換作業後、エア抜き作業をしっかりと行い異常が無い事を確認し作業完了です。

エアコンが効かないとの事でご入庫頂きました。

早速エアコンガス量を点検したところ減っている事が分かりました。
まずは補充して効きの確認を行いましたが冷えがまだ不十分でした。
更に点検を進めて行くと、エアコンガスの圧力が上昇しきっていない事が分かりました。ガス圧力の数値を基に不具合箇所を
絞り込んで行くとエアコンコンプレッサーの圧縮不良が原因である事が分かりました。
ガスのにじみ漏れも確認出来ましたので、エアコンコンプレッサーを交換します。
真空引き、ガス充填、しっかりと冷風が出る事を確認し修理完了です。

  • BMW MINICooperS(R56)エンジンオイル漏れ修理
  • BMW MINICooperS(R56)エンジンオイル漏れ修理
  • BMW MINICooperS(R56)エンジンオイル漏れ修理
  • BMW MINICooperS(R56)エンジンオイル漏れ修理
BMW MINI クーパーS(R56)エンジンオイル漏れ修理
漏れている箇所はタペットカバーとオイルフィルターブラケット及びオイルクーラーからでした。最近この型のターボ付きエンジンでオイルフィルターブラケット及びオイルクーラーからのオイル漏れの事例が増えてきています。
エンジンのフロント廻りを全て取り外しエンジンが丸見えの状態にならないと作業が出来ません。
当社では作業事例も多く熟知したメカニックがおりますので、気になる方は点検も兼ねてご来店下さいませ。
  • BMW MINI クーパーS 水漏れ
  • BMW MINI クーパーS 水漏れ
  • BMW MINI クーパーS 水漏れ
冷却水が減るご依頼です。
まずは加圧点検をして水漏れ箇所の特定です。サーモスタットからの水漏れが定番なのですが、今回はウォーターポンプからの水漏れでした。
ウォーターポンプはスーパーシャージャーを使って駆動していて、ラジエーターに隠れているのでラジエーターを外します。あまり症例は多くないので、見逃されていることがあります。
オーバーヒートはエンジンにかなりダメージを与えるので冷却水の点検、修理は早めがお勧めです。

  • bmw mini r56 クーパーs オイル漏れ修理
  • bmw mini r56 クーパーs オイル漏れ修理
  • bmw mini r56 クーパーs オイル漏れ修理
  • bmw mini r56 クーパーs オイル漏れ修理
オイル漏れ修理にてご入庫です。
今回はオイルフィルターブラケットパッキンよりオイル漏れがあり、パッキン交換作業です。狭いエンジンルームですので交換にはまずバンパー等を外していきラジエーターキャリアをサービスポジションまで動かし作業スペースを確保しなくてはいけません。手間のかかる作業になっています。
  • BMW MINI  クーパーS エンジンオイル漏れ修理
  • BMW MINI  クーパーS エンジンオイル漏れ修理
  • BMW MINI  クーパーS エンジンオイル漏れ修理
オイル漏れがあるとの修理依頼です。
今回は車検にてご入庫頂きましたが、オイル漏れが気になるとの事。漏れが酷い場合は保安基準にも不適合になりますのでここはしっかりメンテナンスしていきましょう!車両をリフトアップし診断を進めていくと漏れ個所を発見です。アンダーカバーが殆ど無いミニでは漏れはダイレクトに地面に滴りますのでオーナー様も気が付きやすいですね。今回はエンジンのオイルパンとクランクアングルセンサーからのオイル漏れを発見したので修理にて対応致しました。どちらも定番の箇所ですがクランクアングルセンサーは交換するのにフロント周りをごっそり外す必要があり手間がかかる作業です。
  • MINI クーパー オイル漏れ、足回り修理
  • MINI クーパー オイル漏れ、足回り修理
  • MINI クーパー オイル漏れ、足回り修理
車検にてご入庫です。
車検ご依頼です。前回の車検から走行距離が5000kmも走っていないのでお客様も安心しているようでしたが…車は走行距離だけで劣化する訳ではありません!使っていない古い輪ゴムがプツプツ切れてしまうのと同じことが車両のゴム部品でも起きるのです。経年劣化ですね。今回はエンジンオイルパンからのオイル漏れとフロントショックアッパーブッシュの劣化が見られたので交換修理を行いました。
  • MINI R56 冷却水漏れ修理
  • MINI R56 冷却水漏れ修理
  • MINI R56 冷却水漏れ修理
冷却水漏れがあるとの修理依頼です。
新型が登場して一つ前の型となったR56ですが、やはり発売から年数も経ち、徐々にトラブルが増えて来ています。今回は冷却水漏れのトラブルです。冷却水回路に圧力をかけ診断していくと、サーモハウジングとA/Tクーラーから漏れを発見しました!修理はパッキンを交換すれば完了ですがエンジン回りをある程度分解する必要があり少し時間がかかります。
  •  
車検での御入庫です
車検点検項目の点検を進めていくと今回はエンジンオイルクーラーよりオイル漏れがありました。このパーツはエンジン裏側下部にあるためお客様自身ではなかなか気付きにくい部分になります。今回は本体ではなく本体に付随するパッキン不良でしたのでパッキンを交換して完了です。
車検入庫フォーム

板金メールフォーム

キャンペーンバナー