MINI車検 MINI修理専門店・マリオットマーキーズ
電話でのお問い合せはこちら
MINI車検 修理 車検・修理フォームはこちら

ミニ車検 ミニ修理 BMW MINI 輸入車専門工場 |

マリオットマーキーズ MINIメンテナンス
匠の技
ボッシュ
image

MINI R56 足廻り異音修理

マリオットマーキーズMINI整備ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日ご紹介する整備はMINI R56クーパSの足廻り異音修理です。

走行中、車両後ろ側からコトコト音がするということでご入庫いただきました。

まずは症状確認の為、試運転を行うと凹凸な路面などでリア側からコトコト音を確認しました。

リヤの足廻りからボディに伝わって音がなっているようでしたので、リフトアップし点検していきます。
リヤ足廻りを細かく点検していくとリヤスタビライザーのブッシュがかなり硬化していました。

こちらがスタビブッシュです。

このブッシュの役割は車両のロール(※車両がコーナーを曲がる際に起きる車体の傾き)を安定化させるための部品で、左右に一つずつ取り付けられています。

ブッシュの劣化によりブッシュが硬化すると、スタビライザー(※安定化装置)との間にクリアランス(※主に隙間の意味)ができてしまい、走行時に今回のように異音が発生することが多くなります。

一度スタビライザーブッシュを外して、先ほどのクリアランスを埋める為、少し硬いグリスを塗って取り付けたところ異音が消えましたので、異音の原因はリヤのスタビライザーブッシュで間違いないですね。

他にもスタビライザーロッドのボールジョイントにも若干のガタがありました。
このロッドはスタビライザーを右と左の足廻りに繋いで固定している部品で、こちらも劣化によりボールジョイントのガタがひどくなると異音が発生します。

今回は異音の原因であるスタビライザーブッシュとガタが出始めているスタビライザーロッドをお客様にご提案させていただき交換となりました。

R56のリヤスタビブッシュ交換はブッシュを抑えているボルトを外すのにスペースが狭いので少し大変です。

こちらが新旧比べた写真で、左が旧部品、右が新品です
見た目だと分かりづらいですが、触ると旧部品と新品ではブッシュの硬さが違います。

こちらがスタビライザーロッドです。
旧部品には若干のガタがありましたが、新品にはガタが一切ありません。

このようにロッドがスタビライザーとナックルを左右で繋いでいます。
交換後は異音も消えて問題がありませんでしたので作業完了です。

足廻りの部品には色んな箇所に今回のようなブッシュやジョイントが使用されている為、異音の特定には知識と経験が必要になります。
弊社ではヨーロッパ車を全般的に扱っており、経験が豊富なので何かお困りの際はぜひご相談ください。

カテゴリー一覧

BMWミニ BMWミニ一般修理 BMWミニオイル漏れ修理
BMW MINI(ミニ) MINI一般修理 MINIオイル漏れ修理
BMWミニ異音修理 BMWミニ車検 BMWミニ板金修理
MINI 異音修理 MINI 車検 MINI 板金修理
早期車検予約キャンペーン

板金メールフォーム

キャンペーンバナー