MINI車検 MINI修理専門店・マリオットマーキーズ
電話でのお問い合せはこちら
MINI車検 修理 車検・修理フォームはこちら

MINI(bmw・ミニ)故障修理,車検は輸入車専門マリオットマーキーズへ【東京】 |

マリオットマーキーズ MINIメンテナンス
匠の技
ボッシュ


image

  • BMW MINICooperS(R56)エンジンオイル漏れ修理
  • BMW MINICooperS(R56)エンジンオイル漏れ修理
  • BMW MINICooperS(R56)エンジンオイル漏れ修理
  • BMW MINICooperS(R56)エンジンオイル漏れ修理
BMW MINI クーパーS(R56)エンジンオイル漏れ修理
漏れている箇所はタペットカバーとオイルフィルターブラケット及びオイルクーラーからでした。最近この型のターボ付きエンジンでオイルフィルターブラケット及びオイルクーラーからのオイル漏れの事例が増えてきています。
エンジンのフロント廻りを全て取り外しエンジンが丸見えの状態にならないと作業が出来ません。
当社では作業事例も多く熟知したメカニックがおりますので、気になる方は点検も兼ねてご来店下さいませ。
  • MINI クーパーS車検整備
  • MINI クーパーS車検整備
  • MINI クーパーS車検整備
  • MINI クーパーS車検整備
MINI クーパーS車検整備にてご入庫です。
来店受付時、駐車場にオイルの染みが出来ているので車検と合わせて点検のご依頼を頂きました。
車両をリフトアップしエンジンの下廻りを確認するとエンジン最下部に位置するオイルパンからオイル漏れが発生している事が分かりました。
エンジン本体とオイルパンとの間に取り付けるパッキンの劣化によりシール性が低下したのが原因でした。オイルパンを外して清掃後、オイルストーンを使用し当たり面を出し、新品のガスケットを取り付けします。締め付けトルク管理をしっかりと行い組み付けていきます。作業後に漏れチェックを行い完成です。
  • MINIクーパーS R56 ベルト切れ
  • MINIクーパーS R56 ベルト切れ
  • MINIクーパーS R56 ベルト切れ
  • MINIクーパーS R56 ベルト切れ
BMW ミニ クーパーS R56 ベルト切れ交換修理
車検で入庫していただいたミニクーパーSです。車検直前にベルトが切れてしまい、レッカーで入庫されました。 早速点検を行ったところ、クランクプーリーのバイブレーションダンパー部が切れてしまい破損している事が分かりました。これによりベルトが絡まり、切れた原因となっていました。
また、クランクプーリの接触によりフロントケースが削れてしまいオイル漏れも併発していました。 こういった状況を招かない様に早期発見の為、定期的に点検を行う事が重要です。
  • BMW MINI クーパーS r53 エンジンストール
  • BMW MINI クーパーS r53 エンジンストール
  • BMW MINI クーパーS r53 エンジンストール
  • BMW MINI クーパーS r53 エンジンストール
突然エンジンがストールしてレッカーでご入庫頂きました。
点検をしていきます。まずはクランキングをしてみるとスターターが作動しません。バッテリーが上がっています。 エンジンルームを点検するとファンベルトが千切れていました。これではオルタネータに動力は伝わらず発電できません。ベルトが切れた原因を特定するため、さらに点検していくとクランクプーリーのダンパーが捻じ切れていました。クランクプーリーのトーショナルダンパーが切れて、プーリーが楕円回転をして負荷がかかりベルトが切れたと考えられます。クランクプーリーASSYとファンベルトを交換して通常運転できるようになりました。
  • BMW MINI クーパーS 水漏れ
  • BMW MINI クーパーS 水漏れ
  • BMW MINI クーパーS 水漏れ
冷却水が減るご依頼です。
まずは加圧点検をして水漏れ箇所の特定です。サーモスタットからの水漏れが定番なのですが、今回はウォーターポンプからの水漏れでした。 ウォーターポンプはスーパーシャージャーを使って駆動していて、ラジエーターに隠れているのでラジエーターを外します。あまり症例は多くないので、見逃されていることがあります。 オーバーヒートはエンジンにかなりダメージを与えるので冷却水の点検、修理は早めがお勧めです。
  • BMW MINI クーパーS ミッション不良
  • BMW MINI クーパーS ミッション不良
  • BMW MINI クーパーS ミッション不良
  • BMW MINI クーパーS ミッション不良
動力が伝わらないとのことです。
クラッチペダルのミートポイントが通常とは違う位置であることはすぐにわかりましたので、クラッチペダルからクラッチ本体までの経路を点検し問題がないことを確認しました。クラッチ板の残量がかなり摩耗していることが予測されます。早速ミッションを脱着しクラッチ交換の作業に入ります。結果クラッチフェージングが磨耗限度域を超えリベットまでも削れているような状況が確認できました。原因はやはりクラッチ版の摩耗によるものです。
  • bmw mini r56 クーパーs オイル漏れ修理
  • bmw mini r56 クーパーs オイル漏れ修理
  • bmw mini r56 クーパーs オイル漏れ修理
  • bmw mini r56 クーパーs オイル漏れ修理
オイル漏れ修理にてご入庫です。
今回はオイルフィルターブラケットパッキンよりオイル漏れがあり、パッキン交換作業です。狭いエンジンルームですので交換にはまずバンパー等を外していきラジエーターキャリアをサービスポジションまで動かし作業スペースを確保しなくてはいけません。手間のかかる作業になっています。
  • BMW MINI  クーパーS エンジンオイル漏れ修理
  • BMW MINI  クーパーS エンジンオイル漏れ修理
  • BMW MINI  クーパーS エンジンオイル漏れ修理
オイル漏れがあるとの修理依頼です。
今回は車検にてご入庫頂きましたが、オイル漏れが気になるとの事。漏れが酷い場合は保安基準にも不適合になりますのでここはしっかりメンテナンスしていきましょう!車両をリフトアップし診断を進めていくと漏れ個所を発見です。アンダーカバーが殆ど無いミニでは漏れはダイレクトに地面に滴りますのでオーナー様も気が付きやすいですね。今回はエンジンのオイルパンとクランクアングルセンサーからのオイル漏れを発見したので修理にて対応致しました。どちらも定番の箇所ですがクランクアングルセンサーは交換するのにフロント周りをごっそり外す必要があり手間がかかる作業です。
  • MINI R53 発進時異音修理
  • MINI R53 発進時異音修理
  • MINI R53 発進時異音修理
  • MINI R53 発進時異音修理
発進時に異音がするとの修理依頼です。
早速診断です。現象としてはローでの発進時ガチャガチャっという様な音がします。半クラ状態で出る事が多く走り出してしまうと気になりません。リフトアップして診断してみると音はミッション周辺から聞こえてきます。ドライブシャフト等駆動系で切り離せる部分を切っていき原因を絞り込んでいきます。今回はダブルマスフライホイールと呼ばれるパーツから異音が出ていることを特定できましたので摩耗が見られてクラッチ一式と同時交換です。ミニの場合は作業スペースが限られている為一度エンジン、ミッションを一緒に降ろしてしまい、そこからクラッチの交換作業を進めていきます。
  • MINI R50 ルームランプ不点灯修理
  • MINI R50 ルームランプ不点灯修理
  • MINI R50 ルームランプ不点灯修理
ドアを開けた時に自動的にルームランプが光る機能が効かないとの修理依頼です。
早速診断を進めていきます。一昔前の車でしたらドアにスイッチがありドアを空けてONになれば電気が流れて電球が点灯するという小学校の理科の実験の様な簡単な回路でしたが、現代の車の制御では全て間にコントロールユニットが入るのでそうはいきません。BMWテスターDISにて実測値を確認、ドアが開いた時に正しい信号がユニットに入力されているか等個別に確認していきます。今回は自動で点灯する機能のメインのON/OFFスイッチが不良でコントロールユニットに認識されていませんでした。 スイッチはルームランプに内臓されているのでランプAssyを交換して作業完了です。


車検入庫フォーム