MINI車検 MINI修理専門店・マリオットマーキーズ
電話でのお問い合せはこちら
MINI車検 修理 車検・修理フォームはこちら

MINI(bmw・ミニ)故障修理,車検は輸入車専門マリオットマーキーズへ【東京】 |

マリオットマーキーズ MINIメンテナンス
匠の技
ボッシュ


image

  • BMW ミニ R50 足回り異音
  • BMW ミニ R50 足回り異音
BMW ミニ R50 足回り異音
走行中に足回りから異音がするという事でご入庫されたR50のミニです。
ロードテストを実施しハンドルを切ると異音が発生する症状が確認出来ましたのでリフトアップし点検を行っていきます。
点検を進めていくとボールジョイントのブーツが破け、グリス切れによりジョイント部が腐食と摩耗をしている事がわかりました。
また、工具を使用して可動状態を再現すると走行時と同じ異音が出る事も確認出来ました。
ボールジョイントの交換を行う場合サブフレームを脱着する必要がある為、簡単な作業とはいきません。交換作業後、再度のロードテストを実施し症状が改善されている事を確認し作業完了となりました。
  • BMW ミニ 足廻り異音修理
  • BMW ミニ 足廻り異音修理
  • BMW ミニ 足廻り異音修理
足廻り異音での修理点検でのご入庫です。
段差時に異音が発生するという事でご入庫いただきました。症状を確認する為、試運転を行うと段差等でギシギシという軋むような音が発生していました。
確認した症状を基に、足廻りを重点的に点検していくと、フロントショックのアッパーマウントが潰れ、亀裂が発生しているのを発見しました。
この状態では、衝撃を吸収しきれず異音が発生してもおかしくはありません。
アッパーマウントの交換はショックアブソーバーを脱着、分解する作業が必要です。 新旧比較してみると、かなり潰れてしまっている事がわかります。交換後、試運転を行い症状の改善が出来た事を確認し作業完了となりました。
  • BMW MINI R50法定12カ月点検
  • BMW MINI R50法定12カ月点検
  • BMW MINI R50法定12カ月点検
  • BMW MINI R50法定12カ月点検
BMW MINI R50法定12カ月点検でのご入庫です。
走行距離が10万㎞超えている為、特に足廻りをメインに一度しっかり点検をしてほしいとの事です。}
点検の結果、フロントのショックアブソーバーのオイルが抜けており、本来の減衰力が失われていました。
ショックアブソーバー交換する際にアッパーマウント、バンプラバー等劣化が見られる箇所も同時に交換して、嫌な「コトコト音」も無くなり、乗り心地も良くなりました。
  • MINI R53 発進時異音修理
  • MINI R53 発進時異音修理
  • MINI R53 発進時異音修理
  • MINI R53 発進時異音修理
発進時に異音がするとの修理依頼です。
早速診断です。現象としてはローでの発進時ガチャガチャっという様な音がします。半クラ状態で出る事が多く走り出してしまうと気になりません。リフトアップして診断してみると音はミッション周辺から聞こえてきます。ドライブシャフト等駆動系で切り離せる部分を切っていき原因を絞り込んでいきます。今回はダブルマスフライホイールと呼ばれるパーツから異音が出ていることを特定できましたので摩耗が見られてクラッチ一式と同時交換です。ミニの場合は作業スペースが限られている為一度エンジン、ミッションを一緒に降ろしてしまい、そこからクラッチの交換作業を進めていきます。
  • MINI クーパーS
  • MINI クーパーS
  • MINI クーパーS
  • MINI クーパーS
走行中に突然エンジン不調、オーバーヒートを起こしレッカーにてご入庫です。
早速診断を始めます。症状から予想した通りファンベルトが切れてしまっていました。切れたベルトがエンジンに当たり異音が出ていたようです。 またベルトが切れてしまった原因としてはクランクプーリーの破損、内部のゴムが剥離し分裂してしまっていました。S/C付きのクーパーSではメジャートラブルです。今回はクランクプーリーとベルト廻り一式を交換して作業完了です。


車検入庫フォーム