MINI車検 MINI修理専門店・マリオットマーキーズ
電話でのお問い合せはこちら
MINI車検 修理 車検・修理フォームはこちら

MINI(bmw・ミニ)故障修理,車検は輸入車専門マリオットマーキーズへ【東京】 |

マリオットマーキーズ MINIメンテナンス
匠の技
ボッシュ


image

エアコンが効かないとの事でご入庫頂きました。

早速エアコンガス量を点検したところ減っている事が分かりました。
まずは補充して効きの確認を行いましたが冷えがまだ不十分でした。
更に点検を進めて行くと、エアコンガスの圧力が上昇しきっていない事が分かりました。ガス圧力の数値を基に不具合箇所を
絞り込んで行くとエアコンコンプレッサーの圧縮不良が原因である事が分かりました。
ガスのにじみ漏れも確認出来ましたので、エアコンコンプレッサーを交換します。
真空引き、ガス充填、しっかりと冷風が出る事を確認し修理完了です。


  • BMW MINICooperS(R56)エンジンオイル漏れ修理
  • BMW MINICooperS(R56)エンジンオイル漏れ修理
  • BMW MINICooperS(R56)エンジンオイル漏れ修理
  • BMW MINICooperS(R56)エンジンオイル漏れ修理
BMW MINI クーパーS(R56)エンジンオイル漏れ修理
漏れている箇所はタペットカバーとオイルフィルターブラケット及びオイルクーラーからでした。最近この型のターボ付きエンジンでオイルフィルターブラケット及びオイルクーラーからのオイル漏れの事例が増えてきています。
エンジンのフロント廻りを全て取り外しエンジンが丸見えの状態にならないと作業が出来ません。
当社では作業事例も多く熟知したメカニックがおりますので、気になる方は点検も兼ねてご来店下さいませ。
  • bmw mini クーパー 車検点検入庫
  • bmw mini クーパー 車検点検入庫
  • bmw mini クーパー 車検点検入庫
車検点検でのご入庫です。
車検点検ですので車両をリフトアップし各項目抜け目なくチェックしていきますと、オイルの滴を発見しました。オイル漏れは車検検査時、指摘を受け車検を通すことができません。原因を突き止めオイル漏れを止めなくてはいけません。今回漏れの原因となっているのは、トランスアクスルシールからの漏れでしたので、シール交換にて作業完了です。シャフトシール交換でオイル漏れがとまらない場合はシャフト交換の必要が出てきます。
  • bmw mini r56 クーパーs オイル漏れ修理
  • bmw mini r56 クーパーs オイル漏れ修理
  • bmw mini r56 クーパーs オイル漏れ修理
  • bmw mini r56 クーパーs オイル漏れ修理
オイル漏れ修理にてご入庫です。
今回はオイルフィルターブラケットパッキンよりオイル漏れがあり、パッキン交換作業です。狭いエンジンルームですので交換にはまずバンパー等を外していきラジエーターキャリアをサービスポジションまで動かし作業スペースを確保しなくてはいけません。手間のかかる作業になっています。
  • BMW MINI  クーパーS エンジンオイル漏れ修理
  • BMW MINI  クーパーS エンジンオイル漏れ修理
  • BMW MINI  クーパーS エンジンオイル漏れ修理
オイル漏れがあるとの修理依頼です。
今回は車検にてご入庫頂きましたが、オイル漏れが気になるとの事。漏れが酷い場合は保安基準にも不適合になりますのでここはしっかりメンテナンスしていきましょう!車両をリフトアップし診断を進めていくと漏れ個所を発見です。アンダーカバーが殆ど無いミニでは漏れはダイレクトに地面に滴りますのでオーナー様も気が付きやすいですね。今回はエンジンのオイルパンとクランクアングルセンサーからのオイル漏れを発見したので修理にて対応致しました。どちらも定番の箇所ですがクランクアングルセンサーは交換するのにフロント周りをごっそり外す必要があり手間がかかる作業です。
  • MINI R56 冷却水漏れ修理
  • MINI R56 冷却水漏れ修理
  • MINI R56 冷却水漏れ修理
冷却水漏れがあるとの修理依頼です。
新型が登場して一つ前の型となったR56ですが、やはり発売から年数も経ち、徐々にトラブルが増えて来ています。今回は冷却水漏れのトラブルです。冷却水回路に圧力をかけ診断していくと、サーモハウジングとA/Tクーラーから漏れを発見しました!修理はパッキンを交換すれば完了ですがエンジン回りをある程度分解する必要があり少し時間がかかります。
  • MINI クーパー ナビ交換作業
  • MINI クーパー ナビ交換作業
  • MINI クーパー ナビ交換作業
  • MINI クーパー ナビ交換作業
純正オプションのナビを取り外し、新たにポータブルナビの取付け依頼です。
今回は診断はいらないので早速作業です。新車時のオプションナビですが販売から10年以上経ち、時代を感じてしまうナビになってしまいました。 今回はお客様のご希望で今までのナビを取り外し、新たにナビを取り付けます。ナビの取り外しは思いのほか大変で、取り付けたメカニックが何処に配線を隠しているか探しながら内装を分解していくので、取付けより大変な部分もあります。各部を分解しながら古いナビを取り外したら新たにポータブルナビを配線を隠しながらスッキリと取り付ければ完成です。最近のポータブルナビはナビ機能だけなら必要十分な機能があるので安価にナビリフレッシュするには最適ですね。
  • MINI クーパーベルト切れ、オーバーヒート修理
  • MINI クーパーベルト切れ、オーバーヒート修理
  • MINI クーパーベルト切れ、オーバーヒート修理
  • MINI クーパーベルト切れ、オーバーヒート修理
走行中にベルトが切れ、オーバーヒートしたとの修理依頼です。
早速診断に取り掛かります。お客様が仰るように確かにベルト切れを起こしていました。オーバーヒートの原因はベルト切れで間違いないようです。 しかし大切なのはここから。なぜベルト切れを起こしたか?です。他の原因箇所があるのか、ベルト自体の劣化なのか、それを診断し絞り込んでいきます。 診断の結果はウォーターポンプのロックでした。通常スルスル廻らなければいけない部分ですがかなり力を入れないと廻らない状態でした。これではベルトがすんなり駆動できず切れを引き起こしたと思われます。今回はウォーターポンプを中心にガタの来ている部分を交換し作業完了です。ミニのウォーターポンプ交換はフロント周りをゴッソリ外す整備になります。

車検入庫フォーム