MINI車検 MINI修理専門店・マリオットマーキーズ
電話でのお問い合せはこちら
MINI車検 修理 車検・修理フォームはこちら

MINI(bmw・ミニ)故障修理,車検は輸入車専門マリオットマーキーズへ【東京】 |

マリオットマーキーズ MINIメンテナンス
匠の技
ボッシュ


image

  • MINI クーパーS車検整備
  • MINI クーパーS車検整備
  • MINI クーパーS車検整備
  • MINI クーパーS車検整備
MINI クーパーS車検整備にてご入庫です。
来店受付時、駐車場にオイルの染みが出来ているので車検と合わせて点検のご依頼を頂きました。
車両をリフトアップしエンジンの下廻りを確認するとエンジン最下部に位置するオイルパンからオイル漏れが発生している事が分かりました。
エンジン本体とオイルパンとの間に取り付けるパッキンの劣化によりシール性が低下したのが原因でした。オイルパンを外して清掃後、オイルストーンを使用し当たり面を出し、新品のガスケットを取り付けします。締め付けトルク管理をしっかりと行い組み付けていきます。作業後に漏れチェックを行い完成です。
  • BMW MINI クーパーS r53 エンジンストール
  • BMW MINI クーパーS r53 エンジンストール
  • BMW MINI クーパーS r53 エンジンストール
  • BMW MINI クーパーS r53 エンジンストール
突然エンジンがストールしてレッカーでご入庫頂きました。
点検をしていきます。まずはクランキングをしてみるとスターターが作動しません。バッテリーが上がっています。 エンジンルームを点検するとファンベルトが千切れていました。これではオルタネータに動力は伝わらず発電できません。ベルトが切れた原因を特定するため、さらに点検していくとクランクプーリーのダンパーが捻じ切れていました。クランクプーリーのトーショナルダンパーが切れて、プーリーが楕円回転をして負荷がかかりベルトが切れたと考えられます。クランクプーリーASSYとファンベルトを交換して通常運転できるようになりました。
  • BMW MINI  エンジン警告灯点灯修理
  • BMW MINI  エンジン警告灯点灯修理
  • BMW MINI  エンジン警告灯点灯修理
  • BMW MINI  エンジン警告灯点灯修理
走行中にエンジン警告灯が点灯したとの修理依頼です。
まずはDISにてテスター診断です。エンジンコンピューターには燃焼不良を表す「ミスファイヤー」のエラーと直噴インジェクター用の高圧フューエルポンプのエラーが入力されていました。BMW系直噴エンジンでは多いトラブルです。燃圧等の確認し、高圧ポンプ不良が確認できましたのでポンプ本体を交換した作業完了です。 症状は不良具合で変わりエンストを連発する位酷いものからチェックランプ+瞬間的にエンジン不良になる程度まで様々です。
  • MINI クーパーエンジン振動修理
  • MINI クーパーエンジン振動修理
  • MINI クーパーエンジン振動修理
  • MINI クーパーエンジン振動修理
定期点検にてご入庫です。
早速弊社診断基準を元に診断を進めていきます。今回は定番のオイル漏れ等と共にエンジンマウントの劣化を発見!マウントにも専用のオイルが封入されていますが、それが全て漏れ出ていました。その結果エンジン振動が抑えられずボディー全体に振動が伝わってしまっていました。交換作業はエンジンの支えであるマウントを外すので、別の方法でエンジンを吊っておき交換を行います。返車時には車の変化にお客様もビックリされていました!
  • MINI クーパー
  • MINI クーパー
  • MINI クーパー
走行するとエンジン音がうるさいとの修理依頼です。
症状を確認すると確かに排気音がうるさい。社外のマフラー以上の音です。車両をリフトアップしてみるとマフラーがぱっきり折れてしまっていました。状況からみるに下廻りをヒットした時に破損してしまった様です。修理も考えましたが今回は真っ二つに近い状況でしたので交換にて対応しました。 交換後はもちろん通常の排気音に戻りました。
  • MINI クーパーS
  • MINI クーパーS
エンジンチェックランプ点灯にて修理依頼です
まずはDISにてテスター診断実施です。エンジンECU内のエラーを確認したところ「吸気計算エラー」と「ラムダセンサーエラー」が入力されていました。早い話がエンジンの燃焼システムの何処かがおかしいよと言うことです。専用テスターも万能ではありませんのでこのパーツがエラーとピンポイントで教えてくれる時もあれば今回の様にざっくりした答えしか解らない場合もあります。ここからは原因と思われる個所を単体点検し原因を探していきます。

今回は吸入空気圧を測定するバキュームセンサーの特性ズレを発見しました。 センサー修理後は警告灯も消え、作業完了です。

車検入庫フォーム