MINI車検 MINI修理専門店・マリオットマーキーズ
電話でのお問い合せはこちら
MINI車検 修理 車検・修理フォームはこちら

MINI(bmw・ミニ)故障修理,車検は輸入車専門マリオットマーキーズへ【東京】 |

マリオットマーキーズ MINIメンテナンス
匠の技
ボッシュ


image

  • BMW MINI クーパーS 水漏れ
  • BMW MINI クーパーS 水漏れ
  • BMW MINI クーパーS 水漏れ
冷却水が減るご依頼です。
まずは加圧点検をして水漏れ箇所の特定です。サーモスタットからの水漏れが定番なのですが、今回はウォーターポンプからの水漏れでした。 ウォーターポンプはスーパーシャージャーを使って駆動していて、ラジエーターに隠れているのでラジエーターを外します。あまり症例は多くないので、見逃されていることがあります。 オーバーヒートはエンジンにかなりダメージを与えるので冷却水の点検、修理は早めがお勧めです。
  • bmw mini r56 クーパーs オイル漏れ修理
  • bmw mini r56 クーパーs オイル漏れ修理
  • bmw mini r56 クーパーs オイル漏れ修理
  • bmw mini r56 クーパーs オイル漏れ修理
オイル漏れ修理にてご入庫です。
今回はオイルフィルターブラケットパッキンよりオイル漏れがあり、パッキン交換作業です。狭いエンジンルームですので交換にはまずバンパー等を外していきラジエーターキャリアをサービスポジションまで動かし作業スペースを確保しなくてはいけません。手間のかかる作業になっています。
  • BMW MINI  クーパーS エンジンオイル漏れ修理
  • BMW MINI  クーパーS エンジンオイル漏れ修理
  • BMW MINI  クーパーS エンジンオイル漏れ修理
オイル漏れがあるとの修理依頼です。
今回は車検にてご入庫頂きましたが、オイル漏れが気になるとの事。漏れが酷い場合は保安基準にも不適合になりますのでここはしっかりメンテナンスしていきましょう!車両をリフトアップし診断を進めていくと漏れ個所を発見です。アンダーカバーが殆ど無いミニでは漏れはダイレクトに地面に滴りますのでオーナー様も気が付きやすいですね。今回はエンジンのオイルパンとクランクアングルセンサーからのオイル漏れを発見したので修理にて対応致しました。どちらも定番の箇所ですがクランクアングルセンサーは交換するのにフロント周りをごっそり外す必要があり手間がかかる作業です。
  • MINI クーパー オイル漏れ、足回り修理
  • MINI クーパー オイル漏れ、足回り修理
  • MINI クーパー オイル漏れ、足回り修理
車検にてご入庫です。
車検ご依頼です。前回の車検から走行距離が5000kmも走っていないのでお客様も安心しているようでしたが…車は走行距離だけで劣化する訳ではありません!使っていない古い輪ゴムがプツプツ切れてしまうのと同じことが車両のゴム部品でも起きるのです。経年劣化ですね。今回はエンジンオイルパンからのオイル漏れとフロントショックアッパーブッシュの劣化が見られたので交換修理を行いました。
  • MINI R56 冷却水漏れ修理
  • MINI R56 冷却水漏れ修理
  • MINI R56 冷却水漏れ修理
冷却水漏れがあるとの修理依頼です。
新型が登場して一つ前の型となったR56ですが、やはり発売から年数も経ち、徐々にトラブルが増えて来ています。今回は冷却水漏れのトラブルです。冷却水回路に圧力をかけ診断していくと、サーモハウジングとA/Tクーラーから漏れを発見しました!修理はパッキンを交換すれば完了ですがエンジン回りをある程度分解する必要があり少し時間がかかります。
  •  
車検での御入庫です
車検点検項目の点検を進めていくと今回はエンジンオイルクーラーよりオイル漏れがありました。このパーツはエンジン裏側下部にあるためお客様自身ではなかなか気付きにくい部分になります。今回は本体ではなく本体に付随するパッキン不良でしたのでパッキンを交換して完了です。
冷却水漏れがあるとの修理依頼です
点検を進めていくとエンジン前側から冷却水が垂れてきます。覗き込むとウォーターポンプより漏れ跡を確認する事が出来ました。ミニの場合交換にはフロントバンパー、キャリアを脱着する必要があり、交換も一苦労です。今回はその他劣化が見られたホース類も何点か交換して作業完了です。
オイル漏れがあるとの依頼です
リフトアップし点検を進めていきます。今回はエンジン1番下部のオイルパンからのオイル漏れを確認出来ましたのでパッキンの交換作業を行いました。作業後は漏れを再度確認し作業完了です。
シーズンチェック時にオイル漏れがありました
下廻りを洗浄してから点検です。エンジンのオイル漏れは最後は殆どオイルパンに垂れてくるので、しっかり見極めないと、修理をしてもまた漏れてくることになってしまいます。今回はオイルパンからの漏れが酷く、他の部分からは全く漏れていませんでした。オイルパンパッキンの漏れは非常に多く、MINIでオイル漏れがあったらパワステのホースかオイルパンのどちらかを最初に疑う位多いです。また、漏れていると多くがもうオイルパンがオイルだらけになっています。MINIはオイル漏れに弱く、定番箇所が多いだけに、漏れが酷いと特定に時間がかかってしまいます。
冷却水が減るご依頼です
まずは加圧点検をして水漏れ箇所の特定です。サーモスタットからの水漏れが定番なのですが、今回はウォーターポンプからの水漏れでした。ウォーターポンプはスーパーシャージャーを使って駆動していて、ラジエーターに隠れているのでラジエーターを外します。あまり症例は多くないので、見逃されていることがあります。オーバーヒートはエンジンにかなりダメージを与えるので冷却水の点検、修理は早めがお勧めです。



車検入庫フォーム