MINI車検 MINI修理専門店・マリオットマーキーズ
電話でのお問い合せはこちら
MINI車検 修理 車検・修理フォームはこちら

MINI(bmw・ミニ)故障修理,車検は輸入車専門マリオットマーキーズへ【東京】 |

マリオットマーキーズ MINIメンテナンス
匠の技
ボッシュ


image

  • MINI クーパーS車検整備
  • MINI クーパーS車検整備
  • MINI クーパーS車検整備
  • MINI クーパーS車検整備
MINI クーパーS車検整備にてご入庫です。
来店受付時、駐車場にオイルの染みが出来ているので車検と合わせて点検のご依頼を頂きました。
車両をリフトアップしエンジンの下廻りを確認するとエンジン最下部に位置するオイルパンからオイル漏れが発生している事が分かりました。
エンジン本体とオイルパンとの間に取り付けるパッキンの劣化によりシール性が低下したのが原因でした。オイルパンを外して清掃後、オイルストーンを使用し当たり面を出し、新品のガスケットを取り付けします。締め付けトルク管理をしっかりと行い組み付けていきます。作業後に漏れチェックを行い完成です。
  • MINIクーパーS R56 ベルト切れ
  • MINIクーパーS R56 ベルト切れ
  • MINIクーパーS R56 ベルト切れ
  • MINIクーパーS R56 ベルト切れ
BMW ミニ クーパーS R56 ベルト切れ交換修理
車検で入庫していただいたミニクーパーSです。車検直前にベルトが切れてしまい、レッカーで入庫されました。 早速点検を行ったところ、クランクプーリーのバイブレーションダンパー部が切れてしまい破損している事が分かりました。これによりベルトが絡まり、切れた原因となっていました。
また、クランクプーリの接触によりフロントケースが削れてしまいオイル漏れも併発していました。 こういった状況を招かない様に早期発見の為、定期的に点検を行う事が重要です。
  • bmw mini クーパー 車検点検入庫
  • bmw mini クーパー 車検点検入庫
  • bmw mini クーパー 車検点検入庫
車検点検でのご入庫です。
車検点検ですので車両をリフトアップし各項目抜け目なくチェックしていきますと、オイルの滴を発見しました。オイル漏れは車検検査時、指摘を受け車検を通すことができません。原因を突き止めオイル漏れを止めなくてはいけません。今回漏れの原因となっているのは、トランスアクスルシールからの漏れでしたので、シール交換にて作業完了です。シャフトシール交換でオイル漏れがとまらない場合はシャフト交換の必要が出てきます。



車検入庫フォーム