MINI車検 MINI修理専門店・マリオットマーキーズ
電話でのお問い合せはこちら
MINI車検 修理 車検・修理フォームはこちら

MINI(ミニ)車検 修理 板金 |

マリオットマーキーズ MINIメンテナンス
匠の技
ボッシュ


image

  • クーパーS 冷却水が減る修理
  • クーパーS 冷却水が減る修理
  • クーパーS 冷却水が減る修理
エンジンの冷却水が減るという事でご入庫頂きました。
エンジンの冷却水が足しても足しても減ってしまうという事でご入庫頂いたR56のクーパーSです。
MINI等の欧州車は密閉式の冷却装置となっている為、冷却水が減るという事は冷却水漏れがあるか、エンジン内部で漏れ出し蒸発してしまっているかのどちらかが多いです。

点検を行う為、リフトアップし加圧テストを行うとウォーターポンプ及びサーモスタットのハウジングから冷却水漏れを確認しました。
この状態では、徐々に冷却水量が減少し、オーバーヒートの危険性が高くなってしまいます。
整備作業では、ウォーターポンプとサーモハウジングを繋いでいるパイプがインレットマニホールドの下を通っている為、インレットマニホールド本体を外しての作業となります。
ウォーターポンプは、元々取り付けられていた部品は樹脂で出来ていましたが、今回交換した部品はアルミ製になっており耐久性が向上されています。
交換作業後、エア抜き作業をしっかりと行い異常が無い事を確認し作業完了です。

  • BMW MINI(R56)バッテリー上がり修理 バッテリー交換しても上がってしまう
  • BMW MINI(R56)バッテリー上がり修理 バッテリー交換しても上がってしまう
  • BMW MINI(R56)バッテリー上がり修理 バッテリー交換しても上がってしまう
  • BMW MINI(R56)バッテリー上がり修理 バッテリー交換しても上がってしまう
BMW MINI(R56)バッテリー上がり修理 バッテリー交換しても上がってしまう。
バッテリーを交換しても直ぐに上がってしまうと言う事でどこに原因が有るのか早速システムテスターを使用して診断を行って行きます。
漏電等の症状は無い事は既に確認が済んでいますので、オルタネータの発生電圧を調べてみると10V代まで下がっていました。
これでは新品のバッテリーも充電されることなくバッテリー容量だけが減少していく状態となっています。
オルタネータ交換を行い発生電圧のチェックを行い充電状態は良好となりましたので修理完了です。
その他に今回は併発している不具合でガス漏れをしていたエアコンコンプレッサーも同時に交換です。
  • BMW MINI R55 エンジンオイル漏れ
  • BMW MINI R55 エンジンオイル漏れ
  • BMW MINI R55 エンジンオイル漏れ
エンジンからオイル漏れがありました。
車検でご入庫頂いたMINIです。特に気になっている事は無いという事でしたが法定24ヶ月点検にてご入庫いただきました。
点検の結果、エンジンオイルフィルターブラケットからのオイル漏れを確認しました。
オイルフィルターブラケットパッキンの交換を行うときは、フロントバンパーやフロントキャリアを脱着しなければらない為少し時間が掛かる整備となります。
ブラケットは熱でゆがむことがあり交換推奨の部品ではありますが部品が高額になるのでブラケットは研磨してパッキンは再使用して取り付けました。
交換作業後、冷却ラインやエアコンのラインなどを外しているので冷却水のエア抜きやエアコンガスチャージを同時に行い作業完了です。
  • BMW MINI R55 足廻り異音 ゴトゴト音 特定修理
  • BMW MINI R55 足廻り異音 ゴトゴト音 特定修理
  • BMW MINI R55 足廻り異音 ゴトゴト音 特定修理
走行中にゴトゴトと大きな音がするという事でご入庫頂きました。
走行中、段差などでゴトゴトと音がするという事でご入庫頂いたR55ミニです。
早速症状を確認する為、試運転を行うと段差を通過した時にゴトゴトという異音を確認しました。
リフトアップし各ゴムブッシュの点検を行うと、前後のスタビライザーブッシュが経年劣化により痩せてしまっていてスタビライザーが動いてしまっている状態になっていました。
強く手で動かすと異音も再現する事が出来ましたので、前後のスタビライザーブッシュの交換作業を行いました。
交換作業では、フロントバンパーとフロントキャリアを脱着しサブフレームを降下させる必要がある為手間のかかる作業となります。
交換後、異音が解消されている事を確認し作業完了です。
  • BMW MINI R56 クーパーS クラッチ交換
  • BMW MINI R56 クーパーS クラッチ交換
  • BMW MINI R56 クーパーS クラッチ交換
MINIクーパーS クラッチ交換のご依頼を頂きました。
走行距離が10万キロを超えた為、クラッチを交換したいという事でご入庫頂いたR56のクーパーSです。
R56では、クラッチ交換時にエンジン・ミッションの脱着を伴うため、外す部品の点検も同時に行っていきます。
お客様と打ち合わせを行い、整備内容が確定し修理作業に入ります。
クラッチを外すと、フェーシングの摩耗状況、フライホイールの焼けや反りを確認することが出来ますが、通常クラッチを交換する場合はフライホイールも同時交換する事がメーカーで指定されています。
今回はフライホイールはそこまで摩耗していませんでしたので研磨し整えて取り付け費用を抑えて修理しました。
エアコンが効かないとの事でご入庫頂きました。

早速エアコンガス量を点検したところ減っている事が分かりました。
まずは補充して効きの確認を行いましたが冷えがまだ不十分でした。
更に点検を進めて行くと、エアコンガスの圧力が上昇しきっていない事が分かりました。ガス圧力の数値を基に不具合箇所を
絞り込んで行くとエアコンコンプレッサーの圧縮不良が原因である事が分かりました。
ガスのにじみ漏れも確認出来ましたので、エアコンコンプレッサーを交換します。
真空引き、ガス充填、しっかりと冷風が出る事を確認し修理完了です。


  • MINIクーパーS 冷たい風が出ない修理
  • MINIクーパーS 冷たい風が出ない修理
  • MINIクーパーS 冷たい風が出ない修理
  • MINIクーパーS 冷たい風が出ない修理
MINIクーパーS 冷たい風が出ない修理依頼です。
点検を進めて行く前に症状を確認すると風量自体は問題無く、ただ冷風が出ていない状態でした。
診断するとエアコンのコンプレッサー本体よりガス漏れ及び圧縮圧力が著しく低下している事が分かり、まずはコンプレッサー交換を行い再評価となります。
交換後正常に冷風も出ていますので修理完了です。
  • BMW MINICooperS(R56)エンジンオイル漏れ修理
  • BMW MINICooperS(R56)エンジンオイル漏れ修理
  • BMW MINICooperS(R56)エンジンオイル漏れ修理
  • BMW MINICooperS(R56)エンジンオイル漏れ修理
BMW MINI クーパーS(R56)エンジンオイル漏れ修理
漏れている箇所はタペットカバーとオイルフィルターブラケット及びオイルクーラーからでした。最近この型のターボ付きエンジンでオイルフィルターブラケット及びオイルクーラーからのオイル漏れの事例が増えてきています。
エンジンのフロント廻りを全て取り外しエンジンが丸見えの状態にならないと作業が出来ません。
当社では作業事例も多く熟知したメカニックがおりますので、気になる方は点検も兼ねてご来店下さいませ。
  • BMW ミニ R50 足回り異音
  • BMW ミニ R50 足回り異音
BMW ミニ R50 足回り異音
走行中に足回りから異音がするという事でご入庫されたR50のミニです。
ロードテストを実施しハンドルを切ると異音が発生する症状が確認出来ましたのでリフトアップし点検を行っていきます。
点検を進めていくとボールジョイントのブーツが破け、グリス切れによりジョイント部が腐食と摩耗をしている事がわかりました。
また、工具を使用して可動状態を再現すると走行時と同じ異音が出る事も確認出来ました。
ボールジョイントの交換を行う場合サブフレームを脱着する必要がある為、簡単な作業とはいきません。交換作業後、再度のロードテストを実施し症状が改善されている事を確認し作業完了となりました。
  • BMW ミニ 足廻り異音修理
  • BMW ミニ 足廻り異音修理
  • BMW ミニ 足廻り異音修理
足廻り異音での修理点検でのご入庫です。
段差時に異音が発生するという事でご入庫いただきました。症状を確認する為、試運転を行うと段差等でギシギシという軋むような音が発生していました。
確認した症状を基に、足廻りを重点的に点検していくと、フロントショックのアッパーマウントが潰れ、亀裂が発生しているのを発見しました。
この状態では、衝撃を吸収しきれず異音が発生してもおかしくはありません。
アッパーマウントの交換はショックアブソーバーを脱着、分解する作業が必要です。
新旧比較してみると、かなり潰れてしまっている事がわかります。交換後、試運転を行い症状の改善が出来た事を確認し作業完了となりました。

車検入庫フォーム

板金メールフォーム

キャンペーンバナー